FaceBook Blog 資料請求 Page Top

着心地のよい 快適性・紺フォート住宅。

断熱 建築基準法に断熱に関する規定はありませんが…

意外にも建築基準法には断熱の規定はありません。そのため、建物に断熱材を入れなくても非常識ではあっても、違法ではないのです。ですが、断熱性を高めることは快適な住まいをつくるために必要不可欠な要素です。室温が外気温に影響される、冷暖房をかけていても部屋ごとの温度差に悩まされる。これらの家の中の温度にまつわる不満は、断熱をしっかりすることに大きく関わっています。また、住まいをしっかりと断熱することは、電気代削減・環境への負荷削減にもつながります。

同じ室内でも体感温度は違う

人が暑いと感じたり、涼しいと感じたりするのは、室温のみに原因があると誤解されがちですが、室温=体感温度ではありません。体感温度は、室温だけに影響を受けるわけではなく、身の回りの物体から放出される輻射熱(赤外線)によっても大きく変化します。
冬の暖かさづくりの基本は、十分な断熱によって「表面温度を下げないこと」です。室温が同じ20℃でも、床・壁・天井や窓の表面温度が低ければ寒く、高ければ暖かく感じます。逆に、夏の暑さ対策の基本は、断熱と日射の調整によって「室内の表面温度を上げないこと」です。室温が同じでも、床・壁・天井や窓の表面温度が高ければ暑く、低ければ涼しく感じます。

ヒートショックにご用心

「暖かい・寒い・暖かい」とい う急激な温度変化のために、人間の体は体温を一定に保とうと血管が急激に収縮して、血圧も急激に上昇したり下降したり、脈拍が早くなったりしています。こうした温度変化がカラダに及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。
急激な血圧変動は心臓に思った以上の負担をかけるため、心筋梗塞や脳血管障害などにつながりかねない危険な状態です。 実際に冬の浴室でヒートショックのために亡くなる方は年間で1万人以上ともいわれています。

家の中でも熱中症

屋内の熱中症の原因は、室内の高温多湿状態が続くことで起こりやすいと言われています。特に高齢者の方はエアコンなどは体を悪くするから使わないといって、窓をあけたりするだけで対処している方をよく見かけます。
体では涼しいと思っていても、部屋の温度を調べてみると高温、そして湿度も上昇して知らない間に倒れているということもあります。
屋内で熱中症にならないようにするには、とにかく部屋の湿度と温度を一定に保つことです。

熱の出入りは開口部から

断熱と言えば断熱材に目が行きがちですが、実は一番考えなければいけないのが熱の逃げ場所です。実は、住まいの中で最も熱の出入りが多い部位は「窓」なのです。従来の省エネ基準(1992年)で建てた住宅モデルで、夏には71%の熱が窓から侵入します。また、冬の暖房時は48%の熱が外へ逃げてしまいます。対策のポイントは、壁や天井の断熱対策だけでなく、窓の断熱性能を高めること。一般に使われるアルミサッシと単板ガラスの組み合わせでは不十分です。開口部に「複層Low-Eガラス」や「樹脂アングル付サッシ」を採用することが、高断熱住宅づくりにおける大事なポイントです。

一般サッシを使った住宅と断熱サッシを使った住宅では、どのくらい差があるの?

開口部の断熱化による保温効果は、一日の室温変化にも現れます。冬の日の一般サッシと断熱サッシの保温効果の違いを見てみましょう。下の図では、夜暖房を止めて就寝し、朝起きた時にどれだけ温度が下がっているかを比較しています。急激な温度変化を抑える断熱・気密住宅の保温効果は、体への負担も少なく、健康で快適な住環境といえます。
また、熱を伝えにくい「複層ガラス」は、快適な室温を長く保つので、暖冷房エネルギーを削減でき、暖冷房費の節約にもつながります。

暮らしと光 光を知って上手にコントロール

住む人が快適にくらせる住まい。そのポイントは「陽の光」とその採り入れかた。効果的に採り入れることで、部屋の雰囲気さえも演出します。太陽の動きを考えて、窓の選択や配置を工夫した光を活かす住まい。心地よい住まいを実現させるデザインの考え方をご提案します。

太陽の動きを知る

光を取り入れるためには窓の大きさや数だけが問題ではありません。太陽の光は方角や季節によって変わります。
自然光が差し込む明るい住まいを実現するためには、太陽の動きを知り、住宅の立地条件や間取りに最適な窓を選んで光をコントロールすることが大切です。

効果的な光の取り入れ方

部屋の方角や用途、住宅密集地かどうかといった住宅条件に合わせて窓を選び、光の取り入れ方を工夫することが明るく健やかな住まい作りの近道。
プライバシーの確保や西日が気になり結局はブラインドやカーテンで閉め切ってしまうといったことがないよう、空間ごとにプランを練りましょう。

トップライト

一般窓の約3倍の採光が可能な天窓を取り付ける採光法。光が入りにくい北側の部屋に最適です。

サイドライト

景色と光を同時に取り入れることができる一般的な配置。庭に面した窓にぴったりです。に最適です。

ハイサイドライト

壁の上部に窓を設置すると、人目を遮りながら光を取り込むことができ、室内を明るく保てます。に最適です。

ローサイドライト

道路に面した部屋などに。窓を低い位置に設置すると、プライバシー保護と採光が両立できます。に最適です。

人間の生活リズムを知る

人間の生活リズムは、自然界の明暗サイクルが基準になっています。最も影響を与えているのが自然光(太陽光)で、太陽が地上を明るく照らし始めた午前中に、人は最も活性化してイキイキと行動ができます。そして太陽が沈むとともに徐々に心身をリラックスさせてゆっくりとくつろぐようになります。部屋のあかりも、太陽光のように人間の生活リズムにあったものを選ぶことが大切です。

用途に応じた照明を

キッチン

蛍光灯やダウンライトで全体の明るさを確保し、吊戸棚などの下に手元灯を設置し、手暗がりにならないようにします。食べ物を扱うスペースなので、色温度が高くならないように、蛍光灯の場合は電球色等を使用します。

居間

ダウンライトを調光して多目的な用途に対応できるようにします。間接照明(建築化照明)を用いると部屋全体を柔らかな印象にまとめられます。作業に必要な明るさはフロアスタンドで補います。低い位置にフロアライトを置くと落ち着いた雰囲気を演出できます。

食堂

ダウンライト等の全般照明で明るさを控えめに取り、食卓中央にペンダントを吊り、明るさを集中させます。ペンダントは、テーブル面より70cm程度上部に設置します。
色温度の低い演色性の高いランプを利用し、色温度の高い青みがかった色の蛍光灯は料理の見栄えが悪いので避けます。

寝室

照明の役割は、心地よい眠りを誘導することです。よくある天井にシーリングライト一つでは、単調な印象となり穏やかな雰囲気を演出できません。ダウンライトで最小限の照度を確保し、ブラケットやデスクスタンドで部分的に作業に必要な明るさを補います。寝たときに光源が目に入って眩しくならない照明器具を選び、その位置も特に注意します。夜中に目が覚めたとき、入り口がわかるように足元灯やダウンライトで最小限の明るさを用意します。

人の動き

間取りを考える上で、リビングやダイニングなどのパブリックゾーン、寝室や子ども部屋などのプライベートゾーン、キッチンや浴室・洗面・トイレなどのサニタリーゾーン、そしてそれぞれを結ぶ廊下や階段の通路ゾーンといったように、機能ごとに空間を分けて間取りを考えることを「ゾーニング」といいます。このゾーニング間を人の動きで線を結んだのが「動線」です。動線計画を立てるには、家族それぞれの動きや過ごし方をイメージすることが大切です。快適な動線は、住まい手の無意識のなかにあり、不快な動線は意識的に感じ、住まい手のストレスの原因になるものです。それは「居心地の良さ」にも大きな影響を与えます。

動線計画のポイントは「交差せず、なるべく短く」

家事動線-炊事、洗濯、掃除など家事をする動線 通勤動線-家族の部屋とリビングや玄関を結ぶ動線 衛生動線-トイレや浴室に行くための動線 来客動線-お客さんが移動する動線

これらの動線を考えてみて、種類の違う動線がなるべく交差しないようにすること、また、通行量が多い動線を短くするのがポイントとなります。動線がスムーズにいくことで、住まい自体の居住性が格段に上がります。
最近、よく言われるのが、回遊型の動線です。キッチンを起点として、洗面脱衣所、バスルーム、トイレ、リビング、ダイニングなどをぐるりと回って、また、キッチンへ戻ってくるという動線です。回遊型の動線にすることで、無駄な動きがなくなり、効率が良くなります。

家族の過ごし方が変わった。

LDKに家族が集まるのは食事の時だけ。後は、子ども部屋、リビング、書斎、浴室、寝室と、それぞれが別々の時を過ごす・・・。そんな家族の住まい方が、少し前まではよくある風景だったように思います。ところが、最近増えているのが、みんなが同じスペースに集まって、それぞれ好きなことをして楽しむ住まい方。親子関係でも、気配・様子を感じ合うコミュニケーションのあり方が、評価されるなど、同じ空間をシェアしながら使うスタイルに変化してきました。住環境における家族との距離感についての調査によると、家族との過ごし方に変化が現れていることがわかりました。

いっしょにいながら違うことを楽しむ。

リビングで家族が過ごす時間が長くなるに伴い、食事をしたり、テレビを見たりするほかに、さまざまな機能が求められるようになってきました。家族が思い思いの時間を過ごすための工夫が必要なのです。最近では、LDKの空間の中に事務コーナーを設けるケースが増えています。最近の子どもの宿題ではパソコンを使うことも多いので、調べ物をしたり、お母さんは、事務的なことをしたり、家族全員が使うスペースになります。
他には、ソファではなく畳コーナーを作っておくと、寝転がったり、洗濯物を取り入れたらそこで畳んだり、自由に使うことができます。子どもがお母さんの仕事を近くで見ていることで、自分がするべきことがわかるようになります。一緒に洗濯物を畳んだら、家族ごとに分けて片付ける。食事の用意を手伝ったり、片付けたり、自然と自分がするべきことを身につけることができるのです。また、家族でテレビを見ながらニュースの話題や世の中の話をすることで、自然にいろいろなことに興味をもち、自分の考えをもてる子どもになるなど、家族が一緒の空間で過ごすことには、良い面がたくさんあります。家族がいっしょの空間にいることで、会話が増えたり、キッチンから子どもの様子が見られるなど、料理をしていても家族とのコミュニケーション、会話を楽しみながら料理ができる、などさまざまなメリットがあります。もちろん、子どもが宿題している様子も見られますし、子どももわからないところがあれば、すぐに聞くことができます。常にいっしょにいることで、家族との会話も自然と出てきます。

これからの住まいの主流「スマートハウス」

「スマートハウス」という言葉をみなさんはご存じですか?「スマート」でなじみ深いといえば、「スマートフォン」かもしれません。しかし今、住宅のスマート化も急速に一般化しつつあります。住宅のスマート化。つまり「スマートハウス」という言葉は、巷では急速に一般化しつつあります。今後、エネルギー消費や節電による社会貢献への意識はさらに高まっていくでしょう。そうすれば、スマートハウスという言葉はより浸透し、実際の導入も進行していくはずです。スマートといえば「スマートハウス」、の時代はもう始まっています。

空気の流れ

自然の風が通り抜ける心地よさ、そんな暮らしをもう一度はじめませんか?
自然な涼しさで住む人が快適にくらせる住まい。そのポイントは「季節の風」とその取り入れ方。部屋の隅々まで効果的に風を運ぶことで、家を長持ちさせる効果があると言われています。地域の気候を考えて、窓の選択や配置を工夫した風を活かす住まい。心地よい住まいを実現させる「窓採り(まどり)デザイン」の考え方をご提案します。

風の動きを知る -地域と季節によって異なる風向-

日本は南北に長く、域ごとに季節風の風向きが異なります。夏は涼を得るために風を取り入れ、冬は風による寒さを防ぐ。住まいづくりを始める前に知っておきたいポイントです。

風の出入り口を考える -上手な風の取り込み方-

風通しをよくするためには、窓を2カ所以上設ける必要があります。ここまでは常識ですが、問題は窓の配置です。

この他に、部屋の高さを利用して風を抜く方法もあります。例えば、床面に近いローサイドライトと、天井面に近いハイサイドライトを向きあわせると、温められた空気がハイサイドライトから抜け、冷たい空気がローサイドライトから入ってくる効果が期待できます

住まいの大敵「湿気」

住まいに風を通すことは単に心地よいばかりでなく、湿気を追い出して結露を防ぎ、防虫、防腐効果も期待できます。

屋根裏の換気

床下の換気

木造住宅の外壁の中は、室内からの湿気が入り込んだり、あるいは断熱材の欠損があると壁内結露(内部結露)を起こす可能性が高いとされています。この壁体内結露は、結露によって壁内の木材が腐って建物の耐久性を低下させたり、表面的には室内側の石膏ボードの裏面からカビが発生し、室内環境そのものも不衛生な状態となっていきます。このような状態を改善するために壁体内の湿気を外部に放出する手段として『外壁通気工法』という方法が開発されてきました。この方法は壁体内の湿気を透湿防水シートという材料で壁を覆い、外壁材との間に外気が流れる層をつくることによって、壁内の湿気を透外部に放出する方法です。 この工法のメリットは、壁体内結露を少なくすることが出来る事にあり、 その結果、建物の耐久性が向上することになります。