FaceBook Blog 資料請求 Page Top

鹿の台が本当に素晴らし場所って知ってますか?

鹿の台住宅地の大きな特徴は、奈良県内でも有数のビックタウンとして、その広大な住宅地全体の各所に大小の公園を配置し緑豊かな街並みを作りだし、生活環境のゆとりと住民のコミュニケーションの場をつくることに大きく貢献しています。

また、地域住民による自主的な安全管理が機能し、高い防犯意識が効果的に地域に反映していることやゆとりのある道路幅員と歩道を確保することで市民の交通安全面も十分配慮されています。

又、宅地内に生活に必要な施設が充実しています。
このように鹿の台住宅地は、奈良を代表する良好な住宅地として素晴らしい発展を遂げて現在も約3000世帯の家族が住まえる活力ある住宅地なのです。

鹿の台で期待されるこれからの住まいのビジョンは

■住まいに求められるニーズが変化する
直近の鹿の台各地区別の世帯数と人口は次の通りです。(平成25年4月1日現在)世帯数2996世帯 人口7616人。一世帯あたり平均2.5人というデータからもこの街の開発当時の一世帯家族構成から考えると、比較的少人数でお住まいの方が多く見受けられるようになりました。それゆえ、住まいに求めるニーズや使い方に変化が生まれているのが実情です。

■住宅は住まう人との相性。バランスのよい住まいを。
入居当事は、家族が4人から5人くらいの世帯であったのが、徐々に子世代が巣立ち、家族が夫婦二人だけになっている世帯が少なくありません。
それゆえ、住宅に求められるニーズに変化が生まれています。例えば、今までの家は二人には部屋が多すぎる、でもリビングが狭い、廊下が狭い、階段が急すぎる、寒いなど…このような問題を解決する為に生まれたのが、私たちがご提案する「定年後の二人暮らし住宅」なのです。

「定年後の二人暮らし住宅とは」?

こ定年後、ご家族の最大のテーマは「これからの新しい生活リズムとどう暮らしていくのか」という事になります。生活が変化し、子世代との住まい方や計画的な生活設計をどう見据えるのかという大きな課題に取り組むことになります。その中で、今後の住宅計画をどのように検討するのか、ということは大変重要な課題です。

これまでは子世代の成長とともに、広さと部屋数が必要だった、しかし、時が流れ、夫婦二人の暮らしに本当に必要なのは何か。このような問題の解決に右記のキーワードに着目しました。

1Fの特徴

  • 光庭の湿気の蒸発(日射による気温上昇)によって上昇気流が発生し、通風効果がアップ採光にも効果的です。
  • 家事の負担を軽減できるよう水回りを集約
  • 動線、使いやすさに配慮し、トイレ・浴室をベッドルームに隣接
  • 回廊型の動線計画

2Fの特徴

  • 将来の様々なライフスタイルに対応可能なスペースを確保

ロフト部分の使い方

  • 収納スペースとして子世帯の来訪時に就寝場所として仕様。もしくは、子どもの遊び場として多様な使い方ができる。

住宅という資産を守るということは、将来的なビジョンを持つということ。この住宅は、将来は同居を予定しているのか、子供世帯に譲ることになるのか、売却して移転するのか、或いは賃貸として収益資産とするのか。地域性ニーズとのマッチングと住宅の可変性が将来的な住宅の価値を維持に大きく貢献出来るのではないでしょうか。

つまり、資産を守るためには、様々な場合に備え未来への対策が欠かせないのです。そのために必要とされる重要なコンセプトが家族構成の変化とともに自在に可変することが出来る家。これが“成長する家”なのです。

1Fの特徴

  • 広いLDKは大家族のだんらんの場所
  • 階段設置

2Fの特徴

  • 2階は子世帯のプライベートルーム
  • 家族構成によって様々なプランで増築可能

TiESの魅力をもっと知る

  • フィットする。
  • 着心地のよい。
  • 丈夫で長持ち。